近畿大会+温泉(2015年)

2015-10-02
近畿大会+温泉

2015年9月27日、近畿大会に参加しました。

チーム両国からは7台(関連ロボット4台は除く)参加しました。近畿大会は地元であるため、チーム両国も多い方ですが、京都府立京都高等技術専門学校が32台参加していました。
上位に勝ちあがったロボットはどれも、かなりすごいロボットばかりで、他の大会のように運での入賞は難しいと感じました。やはり近畿大会は怖い大会です。
中には「シャトル〇〇」(チーム両国)という浦島太郎さんがいました。(笑い)スタートをリモコンではなく、ロボットの「スタートボタンを押してスタート」で反則負け。(いつの時代や!)去年はこれで問題なかったそうです。去年の審判は、「ルールに「ロボットは「遠隔スタート・停止用リモコン」(以下「リモコン」)によるス タート指示より、5秒経過してから動作が開始するように製作されているも のとする。」書いてあることを理解していたのでしょうか。「シャトルギア」によると、今回の線審も「本体のスタートボタンでスタートさせても良い」と認めたような証言もあります。
審判は判定できなかったのでしょうか。)「シャトル〇〇」もちゃんと練習試合に来ていればこんなことは起こらなかったのに・・・。

それと15秒ルールって何?
スタートも不明ですが、土俵に置いてから15秒以上で設定できなければ、「警告」をとられました。どこに書いてあるルールでしょうか。「15秒以上たつと警告を取ります」と説明された審判もいましたが、何の説明もなく、いきなり「警告」と言ったり、長時間掛かっていても全然「警告」を取らず、「よろしいですか」と優しく待ってくれる審判とがおられバラバラ。人によったり、審判の気分で判定が変わっていることになります。これは公平ではなく、困ります。

また脱輪判定で、操作員に、「タイヤはどこにありますか。」「復帰できますか」と聞いていた審判がいました。審判が判定するのですよ。

image002_20151004015302d5e.jpg

今回は、言い間違えでなく、ルールを良くわかっておらず、公正な判定ができない審判の方々が多かったように思えます。
また、串刺しされる、怖い試合もありました。

image003_20151004015304160.jpg


今回、身内対決は「ゴアヘッド陽」と「ゴアヘッド猛」のみでしたが、パフォーマンスとしては面白い試合ができました。(?)この対決のメンバーは今年の、北海道大会 2位、3位、4位です。

image005_20151004015306c11.jpg

image007_201510040153070a5.jpg


結果
優勝 MANBOW  (田布施部屋)
2位 雷砲    (Team-Q)
3位 三豊工将軍 (香川県立三豊工業高等学校)
4位 涼風    (Team-Q)
5位 Impulse  (大分大学 知能情報システム工学科)
6位 ゴアヘッド陽 (チーム両国)
チーム両国では「ゴアヘッド猛」を踏み台にし「ゴアヘッド陽」が全国大会切符を獲得しました。おめでとうございます。チーム両国では現在、全国切符12枠中4枠

image009_201510040153083e3.jpg

恒例により、大会後メンバーは祝勝会を近くのお店で行いました。
チーム両国では、恒例により、全国大会の切符を手にした人に清算をしていただきました。
今回は一人という事で負担が大きかったようです。ごちそうさまでした。

image011_2015100401532346c.jpg

一応お開きという事で解散しました。
が、「ゴーアヘッド」、「ゴアヘッド陽」、「ゴアヘッド猛」、「ゴアヘッド進」、の温泉部は、一休温泉へ移動。疲れを流し反省会を行いました。
やっぱり絞めは温泉でした。

四国へ続く。

関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://teamryoukoku.blog.fc2.com/tb.php/119-7fefbb36
<< topページへこのページの先頭へ >>