2012年ロボット相撲中国大会見学ツアー

2012-11-03
2012年ロボット相撲中国大会見学ツアー
10/27(土)~10/29(日)

注意:後半におっさんの全裸姿のお見苦しい写真が多々あります。覚悟してご閲覧ください。


2012年ロボット相撲中国大会見学ツアー
記:GOAHEAD
【参加者】 
“六次元K”夫妻 ・ “ゴアヘッド猛“ ・ 温泉担当部長 ・ “ゴーアヘッド” 5名

【行程】
10/27(土)~10/29(日) 兵庫→広島→山口→広島(大会)→岡山→兵庫→和歌山→奈良→大阪

【試合結果】
今回は全員が見学でしたので、十分に試合を見ることができました。
同じチームの“スケルトン”と、四国ツアーに同行した“灰精工@との”、を応援していましたが、残念ながら、両者とも全国切符に届かず。これにて、全地区予選が完了しました。

【ツアー内容】
10/27(土) 
兵庫県の“六次元K”宅を9時出発、13時に広島の宮島到着。焼き牡蠣とあなご定食を食しました。
image002_20121103015135.jpg  image004_20121103015136.jpg
 
食後、山口県にある柚木慈生温泉へ。泉質は、含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム炭酸水素塩・塩化物泉。非常によい泉質で、飲用可。ポカポカ温まるよい湯でした。
image006_20121103015122.jpg  image008_20121103015123.jpg
 
以前、“六次元K”から、「お前らと付き合っていたら、出がらしになる。」と言われたことがあり、この日は柚木慈生温泉のみ。広島県呉市にあるビジネスホテル三島に宿泊しました。
image010_20121103015124.jpg  image012_20121103015124.jpg

10/28(日) 
広島工高にてロボット相撲中国大会観戦した後、“六次元K”が「広島焼きが食べたい」、とのことで、広島駅構内の広島焼きの店へ。そこで、ひとり反省中の“スケルトン”に遭遇。その後、岡山県真庭市にある茅森の湯へ。茅森の湯は野天湯で、残念ながらお湯がはられていなかったので、入湯断念。湯原温泉の砂湯(露天風呂番付、西の横綱)へ入湯。夜だったので写真は撮れませんでした。夕食は湯原温泉の“のんき”というラーメン屋で、塩ラーメンを食べました。
image014_20121103015125.jpg  image016_20121103015126.jpg
 
最後の温泉は湯原温泉の近くにある真賀温泉へ。ここの幕湯は非常に狭い混浴内湯で、既に男性客がふたり入っていましたので、女性陣が躊躇。しかし、「せっかく来たんだしー。」と言いながら、入湯。
image018_20121103015057.jpg  image020_20121103015058.jpg
 
だいぶ遅くなってきたので、帰路につきました。
...と思いきや、“ステンレス流し台の湯”の話題が浮上。“六次元K”は翌日仕事なので、自宅まで送り届け、急遽、残りのメンバー3人で、和歌山の那智勝浦町にあるステンレス流し台の湯に行くことに決定。ステンレス流し台の湯というのは、野湯です。源泉だけがただ流れている場所にステンレス流し台が置いてあるだけです。道路沿いに存在し、入浴難易度最上級のマニアックな温泉です。車中にて速攻で和歌山市にあるビジネスホテルを予約。26時に到着し、翌日の流し台の湯に期待に胸を膨らませながら就寝。

10/29(月) 
ホテルを出発し、まずは南紀白浜の“崎の湯”へ。露天岩風呂ですが、岩を越えると、そこは太平洋、というロケーション。温泉で温めた体を太平洋で一気に冷やす、とても危険な入浴をしました。入浴後は温泉タマゴ。これが風呂上りに絶妙。
image022_20121103015059.jpg  image024_20121103015059.jpg
 
さて、期待の那智勝浦に向かう途中、クジラの町太地町を通過。「クジラって、今、食べれるん?」の誰かの一言で、食べれるかどうか調査に向かう。
...ありました!クジラを刺身で、さらになんとイルカもありました。
image026_20121103015100.jpg  image028_20121103015101.jpg

image030_20121103015036.jpg  image032_20121103015036.jpg
 
なんやかんやで、ようやく那智勝浦に到着。ステンレス流し台の湯、探索開始。“ゴアヘッド猛”が持っていたPCが大活躍です。まずはビニールプールの湯に入湯。
image034_20121103015037.jpg  image036_20121103015038.jpg

image038_20121103015038.jpg  image040_20121103015039.jpg

image042_20121103015012.jpg  image044_20121103015012.jpg

ビニールプールの湯は山林の中なので、入浴難易度はあまり高くない。さて、メインイベントのステンレス流し台の湯。県道沿いのカーブのところにあるので、入浴難易度最上級。たまに観光バスも通るので、我々の姿にビックリ。
image046_20121103015013.jpg  image048_20121103015013.jpg

image050_20121103015014.jpg  image052_20121103015015.jpg
 
一息ついて、次は“タライの湯”へ。ステンレス流し台の湯同様に、源泉湧出口にタライが置いてあるだけ。県道から少し田んぼ道を歩き、タライの湯発見!
image054_20121103014948.jpg  image056_20121103014948.jpg

image058_20121103014949.jpg  image060_20121103014950.jpg
 
野湯巡りを終了し、「そろそろ、まともな温泉に入ろうぜ」、ということで、奈良県十津川村の湯泉地温泉“滝の湯”へ向かい、入湯。
image062_20121103014950.jpg  image064_20121103014951.jpg
 
これにて、ツアー終了。全走行距離1700kmという長旅でした。“ゴアヘッド猛”の帰宅時刻は26時だったそうです。

【所感】
これで全地区予選が終了。海外枠以外の全国大会出場者が決定した。参加の皆さん、お疲れ様でした。ツアーの方は、当初1泊2日の予定が、2泊3日となり、最後の日はほとんど野湯巡りとなりました。「えー、こんなところに入るの!?」、という野湯に入ることが、だんだん快感になってきました。「こいつら地区予選をネタに遊び回ってるだけやんけ!」という声も聞こえてきそうですが、ロボットの方もがんばります。ツアー参加者、お疲れさんでした。

関連記事
tag :
コメント:
地区大会終わっちゃいましたね。
お疲れ様でした。
一年間みんな頑張られていたのが、わかっているので、全員全国大会に行けないのは悲しいですが、全国行く人は行けない人の分まで頑張ってくださいね。
私も、しっかり応援します\(^^)/

牡蠣、温泉ツアー&和歌山野湯ツアーお疲れ様でした。

めちゃめちゃおもろい温泉ツアーでした。
ステンレス流し台&たらいの湯、意外にも硫黄泉で、びっくりしました。
トラックで、温泉をくみに来ていたおっちゃんの気持ちがわかります。

温泉の本に紹介されてたのを見たときは、こんなん温泉かどうかわからんやん!入るやつおらんやろ。。!と、思ってましたが、すごいいい泉質で。。びっくり。。入ってしまいました。

恐るべし!野湯!
帰りに立ち寄ったお土産やさんのおばちゃんに、
えっ?あんなとこに入ったの?
と、びっくりされました。。

また、これが、おもろい。楽しい~ヽ(*´▽)ノ♪

[2012/11/03 08:05] | g-akari@チーム両国 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://teamryoukoku.blog.fc2.com/tb.php/63-b6c7941d
<< topページへこのページの先頭へ >>